あの有名な九州大学どっとこむ

出身有名人

地方大学への進学
上京物語
画像

荒戸源次郎

荒戸源次郎

荒戸源次郎は、1646年長崎生まれの博多育ち。鈴木清順監督「ツィゴイネルワイゼン」(80)、「陽炎座」(81)を製作しました。最新監督作は太宰治原作の「人間失格」です。映画界の常識を破るエアドーム型映画館「シネマ・プラセット」で長期興行を成功させ、社会現象になりました。89年、阪本順治監督のデビュー作「どついたるねん」を製作し、再び映画界に旋風を起こしました。他に鈴木清順監督「夢二」(91)、坂東玉三郎監督「外科室」(92)など、多くの話題作を製作、良質な映画を世に出し続けてきました。03年、自ら監督した「赤目四十八瀧心中未遂」で、14カ月ロングラン、映画賞30冠超受賞の快挙を成し遂げました。1972年に劇団「天象儀館」を、上杉清文らと旗揚げしました。他の団員に、杉田一夫、秋山道男、櫻木徹郎、熊倉正雄がいました。また、一時は平岡正明も加わっていました。

海外留学したい! 賃貸は賃貸でも新しい建物がいい。そんなあなたにおすすめの新築特集を賃貸住宅サービスFC阪急西宮店http://www.nisinomiya-cjs.com/のサイトで公開中!見たらすぐ連絡!!じゃないとすぐになくなっちゃうよ。

監督・制作作品

私がオススメする荒戸源次郎監督作品をご紹介します。

人間失格

昭和の日本を代表する小説家・太宰治の代表作品の一つである「人間失格」を原作とした文芸映画大作。過剰な自意識が原因で周りの人間となじめず、酒や女におぼれて廃人同様に破滅していく男の魂の旅路を描きます。映像化は困難と言われた原作を『赤目四十八瀧心中未遂』の荒戸源次郎がまとめ上げ、太宰の分身的存在の主人公を生田斗真が熱演しています。不安や苦悩を抱える主人公像が混迷の時代を生きる現代人に共感を呼びました。

あらすじ

小大津軽では有名な資産家で貴族院議員の息子・大庭葉蔵は、作り笑いを練習し、体育の授業でわざと失敗して笑いを取るような少年だった。しかし、クラスメイトの竹一に、その計算を見抜かれる。竹一に取り入った葉蔵は彼から、将来女にもて、偉い絵描きになると予言される。高等学校に行くため上京した葉蔵(生田斗真)は、画塾で6歳年上の堀木(伊勢谷友介)と出会う。遊び人の堀木は葉蔵を、律子(大楠道代)が営むバー青い花に連れていく。泥酔した詩人の中原中也(森田剛)に絡まれ閉口していた葉蔵だったが、次第に彼も酒に溺れていく。葉蔵は竹一の予言通り、飲み屋の芸者たち、下宿先の娘・礼子(坂井真紀)、カフェの女給・常子(寺島しのぶ)など、女に不自由することはなかった。そして常子に自分と同じ寂しさを感じた葉蔵は、一緒に鎌倉の海で心中を図る。しかし、死んだのは常子だけだった。事件の後、さらに寂しさを募らせていた葉蔵は、偶然出会った中原と一緒に鎌倉に向かう。葉蔵は、子持ちの記者・静子(小池栄子)と出会い、彼女のアパートで暮らすようになる。しかし葉蔵はそのアパートを出て、青い花の2階で寝泊まりするようになる。そして向かいのタバコ屋の娘・良子に惹かれ、結婚する。良子との生活は穏やかで、葉蔵は次第に人間らしさを取り戻す。しかし、久しぶりに堀木と再会した日、葉蔵は思いがけない光景を目にする・・・。

キャスト
  • 大庭葉蔵:生田斗真
  • 堀木正雄:伊勢谷友介
  • 常子:寺島しのぶ
  • 良子:石原さとみ
  • 静子:小池栄子
  • 礼子:坂井真紀
  • 寿:室井滋
  • ヒラメ:石橋蓮司
  • 中原中也:森田剛
  • 律子:大楠道代
  • 鉄:三田佳子
スタッフ
  • 監督:荒戸源次郎
  • 原作:太宰治
  • 製作総指揮:角川歴彦
  • 企画:角川歴彦
  • 撮影:浜田毅
  • 美術:今村力 、 寺門孝之
  • 音楽:中島ノブユキ
  • 照明:安藤清人
  • 衣裳デザイン:宮本まさ江

ゲルマニウムの夜

『ゲルマニウムの夜』は花村萬月の芥川賞受賞作を、「赤目四十八瀧心中未遂」の荒戸源次郎製作総指揮で映画化した衝撃のドラマです。監督は俳優・麿赤兒の息子で、助監督として実績を積み本作で長編デビューとなる大森立嗣。主演は「青い春」「隣人13号」の新井浩文。かつて、鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」で“シネマ・プラセット”という前代未聞の上映形態で話題を集めた荒戸プロデューサーが、今度は上野公園東京国立博物館敷地内に“一角座”という劇場を開設、本作を最低でも6ヵ月間ロングランすることをあらかじめ確約して上映するという意欲的な試みが実施されました。

あらすじ

教会の教護院に舞い戻ってきた主人公・朧。冒涜の限りを尽して、宗教を試す。ゲルマニウムラジオの透明なイヤホンから神の囁き。なぜ、生の中に閉じ込められているのか。その答えなど無いことが分かっているのに。ただ別の思いは薄らと漂う。“生きることは喜びに満ちている”その喜びには傷つくこと、痛むこと、苦しがり、そして苦しがらせること、絶対に逃げ切れない虚しさも含まれている。でもなぜだか希望を感じてしまう・・・。

キャスト
  • 新井浩:文朧
  • 広田レオナ:テレジア
  • 早良めぐみ:教子
  • 木村啓太:トオル
  • 大森南朋:宇川
スタッフ
  • 監督:大森立嗣
  • 脚本:浦沢義雄
  • 原作:花村萬月
  • 製作総指揮:前田章紘・荒戸源次郎

陽炎座

『陽炎座』は「ツィゴイネルワイゼン」の成功を受けて移動式映画館シネマ・プラセットの第2弾作品として製作された“浪漫3部作”の2作目。「ツィゴイネルワイゼン」に続き田中陽造が脚本を担当。主演は松田優作。2012年、“浪漫3部作”の「ツィゴイネルワイゼン」「夢二」(91)とあわせてニュープリントでリバイバル上映されました。泉鏡花の同名小説を原作に、偶然知り合った美しい女に翻弄される劇作家の姿を華麗な色彩美の映像で描いています。

あらすじ

年号が大正から昭和に変わった東京。劇作家・松崎春狐は、奇妙な偶然が重なり謎の美女・品子と3度も出会う。やがて品子から「4度目の逢瀬は恋死なねばならない」と心中を誘う文を受け取った松崎は、品子がいる金沢へ向かうが……。

キャスト
  • 松田優作
  • 大楠道代
  • 中村嘉葎雄
  • 楠田枝里子
  • 原田芳雄
スタッフ
  • 監督:鈴木清順
  • 製作:荒戸源次郎
  • 原作:泉鏡花
  • 脚本:田中陽造
  • 撮影:永塚一栄

夢二

『夢二』は、「ツィゴイネルワイゼン」(1980)、「陽炎座」(81)に続く鈴木清順監督の“浪漫3部作”の完結編で、大正から昭和にかけて活躍した画家・竹久夢二の半生を幻想的に描き出しています。夢二役は「カポネ大いに泣く」(85)に続き清順監督作の主演となった沢田研二。2012年、「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」とあわせてニュープリントでリバイバル上映されました。

あらすじ

恋人の彦乃と駆け落ちするため夢二は金沢の湖畔へやってくるが、そこに彦乃は現れず、さらには静かで小さな村に突然の銃声が鳴り響く。妻を寝取られた男・鬼松が、妻と妻を寝取った男を殺して山に逃げ込んだようなのだが……。

キャスト
  • 沢田研二
  • 坂東玉三郎
  • 毬谷友子
  • 宮崎萬純
  • 広田玲央名
スタッフ
  • 監督:鈴木清順
  • 製作:荒戸源次郎
  • 脚本:田中陽造
  • 撮影:藤澤順一
  • 音楽:河内紀

ツィゴイネルワイゼン

「殺しの烙印」(1967)、「悲愁物語」(77)の鈴木清順監督が、内田百間の「サラサーテの盤」などいくつかの短編小説をもとに、夢と幻が交錯するなかで狂気にとりつかれた男女の愛を描いた幻想譚。80年、東京タワーの下に建造されたドーム型の移動式映画館シネマ・プラセットで上映されたことも話題に。日本アカデミー賞の作品賞ほか、ベルリン国際映画祭の審査員特別賞を受賞するなど国内外で高い評価を受けた一作です。2012年、“浪漫3部作”を成す「陽炎座」(88)、「夢二」(91)とあわせてニュープリントでリバイバル上映されました。

あらすじ

大学教授の青地と友人の中砂は、旅先の宿で小稲という芸者と出会う。1年後、中砂から結婚の知らせをうけた青地は中砂家を訪れるが、新妻の園は小稲に瓜二つだった……。

キャスト
  • 原田芳雄
  • 大谷直子
  • 藤田敏八
  • 大楠道代
  • 麿赤兒
スタッフ
  • 監督:鈴木清順
  • 製作:荒戸源次郎
  • 原作:内田百間
  • 脚本:田中陽造
  • 撮影:永塚一栄

赤目四十八瀧心中未遂

直木賞を受賞した車谷長吉の『赤目四十八瀧心中未遂』(文藝春秋社)が、荒戸源次郎によって映画化。寺島しのぶが映画初主演を果たし、ヒロインを演じました。主人公の男に扮するのは、新人・大西滝次郎。ほか大楠道代、内田裕也らが共演。2003年9月25日より大阪・あべの橋近鉄アート館にて先行上映されました。

あらすじ

すべてを捨てたのか、それとも、すべてに捨てられたのか……。判然としないが、ただひとつ確かなことは、この世に自分の居場所がない、ということだった。そう思い定めて、男(大西滝次郎)は尼崎にたどり着いた。男の名は、生島与一。焼鳥屋「伊賀屋」の女主人・勢子ねえさん(大楠道代)は、生島が薄暗い店先に立ったとき、身を捨てようとしながらも捨てきれないでいる生島の性根を、一瞥で見抜く・・・。

キャスト
  • 大西滝次郎:生島与一
  • 寺島しのぶ:綾

  • 大楠道代:岸田勢子
  • 内田裕也:彫眉
  • 赤井英和:新世界
スタッフ
  • 監督:荒戸源次郎
  • 脚本:鈴木棟也
  • 原作:車谷長吉
  • 製作:河津秋敏・石川富康
語学勉強なら…