あの有名な九州大学どっとこむ

出身有名人

地方大学への進学
上京物語
画像

麻生太賀吉

麻生太賀吉(1911年9月29日 - 1980年12月2日)

麻生太賀吉は日本の実業家であり、元政治家です。長男の麻生太郎の父親と聞けばピンと来る人も多いのでは無いでしょうか。長男の麻生太郎は第92代内閣総理大臣、第23代自由民主党総裁、麻生派会長。麻生セメント会長。妻和子は吉田茂元首相の三女。1965年(昭和40年)、日本石炭協会会長に就任。1969年(昭和44年)藍綬褒章受章。1980年(昭和55年)12月2日死去。正四位勲二等瑞宝章。

海外留学したい!

出生

麻生太賀吉は、父は九州の炭鉱王麻生太吉の三男・太郎、母は子爵加納久朗の妹・夏子の元に福岡県飯塚市に1911年(明治44年)9月29日に生まれます。1929年(昭和4年)旧制福岡中学校(現、福岡県立福岡高等学校)を卒業、昭和4年から昭和7年まで九州帝国大学(現九州大学)法文学部聴講生。1931年(昭和6年)に祖父の経営する麻生商店に入社し、1934年(昭和9年)に社長となりました。関連会社である麻生鉱業社長と麻生セメント社長を務め、人権を無視した納屋制度により、莫大な利益を得ました。戦後の1951年(昭和26年)には、九州財界の重鎮である九州電力会長に就任しています。

政界進出と引退

1949年(昭和24年)第24回衆議院議員総選挙に郷里の福岡県から立候補し、当選。3期当選。吉田茂の側近として吉田の政治資金を捻出したほか、政界と財界の連絡役を務めていました。田中角栄は麻生に接近し、田中、麻生、根本龍太郎の三人組で池田勇人大蔵大臣を誕生させる原動力となりました。サンフランシスコ講和条約締結前夜、早期講和か全面講和をめぐり与野党が対立する中で奔走し、国民民主党の苫米地義三を口説いて吉田に協力させることに成功しました。吉田内閣総辞職と共に政界を引退し、実業界に戻りました。

麻生太郎(1940年(昭和15年)9月20日 - )

麻生太郎は、日本の政治家、実業家。衆議院議員に当選。自由民主党に所属し、自由民主党政務調査会長や自由民主党幹事長などの党の役職、経済企画庁長官、経済財政政策担当大臣、総務大臣、外務大臣も歴任しました。自由民主党所属の衆議院議員(11期)、為公会(麻生派)会長。副総理・財務大臣(第17代)・金融担当大臣(第18代)。内閣総理大臣(第92代)、経済企画庁長官(第53代)、経済財政政策担当大臣、総務大臣(第3・4・5代)、外務大臣(第137・138代)、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第23代)などを歴任しました。2008年自由民主党総裁選挙により、第23代自由民主党総裁に選出、第92代内閣総理大臣に就任しました。首相退任後は、衆議院懲罰委員会委員、為公会(麻生派)会長、自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)最高顧問を務めました。

内閣総理大臣就任後の主な景気対策

2008年(平成20年)10月30日には、リーマンショック以降の世界的な金融危機と景気低迷への対策として事業総額26兆9000億円の追加経済対策を発表しました。2度の補正予算と2009年(平成21年)年度予算で最終的には75兆円の景気対策を実施しました。

主なものとして、

  • 高速道路料金の普通車・軽自動車でETC搭載車限定での、土・日・祝日最高1,000円のETC割引制度
  • 定額給付金の支給(1人1万2千円、65歳以上・18歳以下は1人2万円)
  • エコカー減税・エコカー補助金
  • 妊婦検診の無料化(5回→14回)
  • 雇用保険料の引き下げ(標準世帯で年額約2万円)
  • 東京湾アクアラインの料金を普通車800円に値下げ
  • 家電エコポイント制度(冷蔵庫・薄型テレビ・エアコン)の実施
  • 住宅ローン減税(過去最高600万円の減税)
  • 出産育児一時金の増額(全国一律に4万円引き上げ)
  • 中小企業への支援(緊急保処枠6兆円、保証・貸出枠30兆円に拡大)

などです。

金融危機を回避するという緊急性から急遽決定された政策でもあったことから、きめ細かさに欠けるところがあるとの指摘もありましたが、エコカー減税や家電エコポイント制度は鳩山由紀夫内閣にも引き継がれました。

麻生泰(1946年 - )

麻生泰は、1946年、衆議院議員で実業家の麻生太賀吉の三男として福岡県飯塚市に生まれました。祖父は元内閣総理大臣吉田茂。日本の実業家。株式会社麻生代表取締役会長、麻生ラファージュセメント株式会社代表取締役社長。慶應義塾評議員・理事。

略歴

  • 幼稚舎から慶應義塾に学び、1969年に慶應義塾大学法学部卒業。イギリスのオックスフォード大学ニューカレッジを卒業後、大沢商会に勤務。
  • 1977年麻生セメントに入社。兄で当時の社長であった太郎の政治家転進に伴い、1979年に社長に就任しました。
  • 2000年の株主総会後役員会において会長に就任しました。

大井廣介(1912年12月16日 - 1976年12月4日)

大井廣介は、本名、麻生賀一郎。麻生太郎の父親である麻生太賀吉は従弟にあたります。日本の文芸評論家、野球評論家。

著書

  • 芸術の構想 竹村書房, 1940
  • プロ野球22シーズンとトラブルの歴史 ベースボール・マガジン社, 1956
  • 左翼天皇制 拓文館, 1956
  • 文学者の革命実行力 青木書店, 1956
  • 革命家失格 拓文館, 1957
  • バカの一つおぼえ 近代生活社, 1957
  • プロ野球騒動史 ベースボール・マガジン社, 1958
  • 英雄よみがえる 光文社, 1958
  • プロ野球エンマ帳 ベースボール・マガジン社, 1958
  • タイガース史 ベースボール・マガジン社, 1958
  • ちゃんばら芸術史 実業之日本社, 1959
  • 巨人の光と影 三十年のすべて 河出書房新社, 1964
  • 独裁的民主主義 インタープレス, 1976.12
  • 紙上殺人現場 社会思想社, 1987.11

吉田 茂(1878年9月22日 - 1967年10月20日)

元内閣総理大臣の吉田茂。位階は従一位。勲等は大勲位。外務大臣(第73・74・75・78・79代)、貴族院議員(勅選)、内閣総理大臣(第45・48・49・50・51代)、 第一復員大臣(第2代)、 第二復員大臣(第2代)、農林水産大臣(第5代)、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学総長(初代)、学校法人二松学舎舎長(第5代)などを歴任しました。

概要

終戦後の1945年(昭和20年)9月、東久邇宮内閣の外務大臣に就任しました。11月、幣原内閣の外務大臣に就任しました。12月、貴族院議員に勅選されました。翌1946年(昭和21年)5月、自由党総裁鳩山一郎の公職追放にともなう後任総裁への就任を受諾。内閣総理大臣に就任しました(第1次吉田内閣)。大日本帝国憲法下の天皇組閣大命による最後の首相であり、選挙を経ていない非衆議院議員(貴族院議員なので国会議員ではあった)の首相も吉田が最後です。

語学勉強なら…