あの有名な九州大学どっとこむ

出身有名人

地方大学への進学
百聞は一見にしかずとも言うし、後のことは自己の判断で決めてね 。中々魅力あるキャッチフレーズだけど、この僕の心を打つにはまだまだだね 。そんなスーパー児童な僕がお勧めするのは、鉾田市区近隣を中心とした物件を取扱っている鉾田市 不動産です 。でも行ってみたいと思った人は行くといいよ 。僕は生まれてこの方10年も満たないけど、親が不動産コンサルティングの仕事をしているから、大人にも負けない知識を持っているよ 。鉾田市 不動産では、お客さんのニーズを最大限に考慮して物件を探してくれるとのこと 。
上京物語
MASTのらくらくパートナーサービスなら保証人要らずで簡単・スピーディーにお引越し可能!賃貸(上尾)MASTなら他にもサービスもりだくさん!上尾で賃貸を探すならMASTWEB埼玉に決まり!
画像

中村哲

中村哲(1946年9月15日 - )

中村哲は、福岡県福岡市出身の日本の医師。ペシャワール会医療サービス(PMS)総院長。西南学院中学校、福岡県立福岡高等学校、九州大学医学部卒業。パキスタン・アフガニスタン地域で長く活動してきましたが、パキスタン国内では政府の圧力で活動の継続が困難になったとして、今後はアフガニスタンに現地拠点を移して活動を続ける意思を示しています。キリスト教プロテスタント系バプテスト派のクリスチャンですが、現地の人々の信仰や価値観に最大限の敬意を表しながら活動を続けています。

海外留学したい!

略歴

専門は神経内科ですが、現地では内科・外科もこなしています。国内の診療所勤務を経て、1984年パキスタン北西辺境州の州都のペシャワールに赴任。ハンセン病を中心としたアフガン難民の診療に携わったのをきっかけに、井戸・水路工事による水源確保事業など現地での支援活動を続けています。著書に『医者、用水路を拓く??アフガンの大地から世界の虚構に挑む』(石風社)『アフガニスタンで考える??国際貢献と憲法九条』(岩波ブックレット)など。国内病院勤務ののち、1984年、パキスタン北西辺境州の州都ペシャワールに赴任。以来、20年以上にわたってハンセン病を中心とする医療活動に従事しました。登山と昆虫採集が趣味。2003年マグサイサイ賞受賞しました。2004年には、皇居に招かれ今上天皇・皇后と紀宮清子内親王へアフガニスタンの現況報告を行いました。同年、第14回イーハトーブ賞を受賞しました。2008年には参議院外交防衛委員会で、参考人としてアフガニスタン情勢を語っています。

主な著書

  • 『医者、用水路を拓く―アフガンの大地から世界の虚構に挑む』、石風社 (2007/12) ISBN 4883441555
  • 『アフガニスタンで考える―国際貢献と憲法九条』、岩波書店[岩波ブックレット] (2006/04) ISBN 4000093738
  • 『アフガニスタンの診療所から』、筑摩書房 (2005/2/9) ISBN 4480420533
  • 『辺境で診る辺境から見る』、石風社 (2003/05) ISBN 4883440958
  • 『ほんとうのアフガニスタン―18年間“闘う平和主義”をつらぬいてきた医師の現場報告』、光文社 (2002/02) ISBN 4334973337
  • 『医者井戸を掘る―アフガン旱魃との闘い』、石風社 (2001/10) ISBN 488344080X
  • 『ペシャワールにて』、地方・小出版流通センター (2000/09) ISBN 4883440508
  • 『医は国境を越えて』、# 石風社 (1999/12) ISBN 4883440494

共著

  • 『丸腰のボランティア―すべて現場から学んだ』、石風社 (共著者)ペシャワール会日本人ワーカー
  • 『空爆と「復興」―アフガン最前線報告』、石風社 (共著者)ペシャワール会
  • 『憲法を変えて戦争に行こう―という世の中にしないための18人の発言』(岩波書店[岩波ブックレット] (共著者) 井筒和幸・井上ひさし・香山リカ・姜尚中・木村裕一・黒柳徹子・猿谷要・品川正治・辛酸なめ子・田島征三・半藤一利・ピーコ・松本侑子・美輪明宏・渡辺えり子・森永卓郎・吉永小百合

ペシャワール会

パキスタンでの医療活動に取り組んでいた医師の中村哲を支援するために1983年に結成されたペシャワール会は、非政府組織。現在はパキスタン北西辺境州および国境を接するアフガニスタン北東部で活動しています。2001年の米軍によるアフガニスタン空爆の際には「アフガンいのちの基金」を設立、アフガニスタン国内避難民への緊急食糧配給を実施しました。

募金と配給活動

日本の人々から募金が寄せられ、2002年2月までに15万人の難民に配給を行いました。後にこの基金をもとにした総合的農村復興事業「緑の大地計画」が実施されることとなりました。中村は当初、主にハンセン病の治療に取り組んでいましたが、2000年の大干ばつ時の赤痢患者急増をきっかけに、清潔な飲料水の確保にも取り組むようになりました。また、自給自足が可能な農村の回復を目指し、農業事業にも取り組んでいます。

アフガニスタンでの活動

ペシャワール会ではアフガニスタン北西辺境州の飲料水および農業用水の問題を改善するために、地元に伝わる昔ながらの工法を用いた井戸の設置やカナート(カレーズ)の復旧工事を進めています。また、2003年3月には灌漑用水確保15ヵ年計画として、全長20kmの大規模な用水路建設を開始して、2007年3月15日に第一期13kmが完成しました。マグサイサイ賞及びイーハトーブ賞は中村の個人的な業績に対する受賞です。パキスタン2ヵ所、アフガニスタンの3ヵ所にある病院および診療所での2003年度総診療数は約16万人です。

  • 活動 : 医療事業、水源確保事業、農業計画から成る「緑の大地計画」
  • 構成 : 約300名の現地職員、約12,000人のペシャワール会会員が支えています。
  • 農業支援:アフガニスタンにおける安定した生活基盤の回復を実現するため活動を行っています。
  • インフラ整備:紛争地帯の人々を井戸掘りなどのインフラ整備で雇用することによって、彼らが軍閥に職を求めることを予防しています。
受賞歴
  • 1993年:第1回福岡県文化賞(交流部門)受賞(福岡県主催)
  • 2002年:第1回沖縄平和賞受賞(沖縄県主催)
  • 2003年:マグサイサイ賞・平和国際理解部門受賞
  • 2004年:イーハトーブ賞受賞(宮沢賢治学会主催)
  • 2009年:福岡市市民国際貢献賞受賞(福岡市主催)

アフガニスタン日本人拉致事件

アフガニスタン邦人拉致事件は、2008年8月26日にアフガニスタンで人道支援活動を行う非政府組織ペシャワール会メンバーの日本人1名とパシュトゥーン人が拉致された事件のことです。拉致された日本人は、後に殺害されてしましました。

事件概要

2008年8月26日午前6時30分 (現地時間) 頃、アフガニスタン東部に位置するナンガルハール州において人道支援活動を行っていたペシャワール会メンバーの日本人・伊藤和也(当時31)がターリバーンに拉致されました。車に同乗していたパシュトゥーン人もタリバンに拉致されましたが、彼は自力で脱出しました。そして、拉致された直後の26日午前6時40分頃、拉致された伊藤を近くの村民が発見し、タリバンを追い詰めました。そこで1名が逮捕されましたが、残る3名はクナル州へ逃走しました。その後、駆けつけたアフガニスタン政府の警備隊とタリバンとの間で、激しい銃撃戦が繰り広げられ、拉致された伊藤は午後2時から3時の間に、銃で攻撃され死亡したと見られます。尚、この事件を受け外務省に来訪した中村哲は、自身以外のペシャワール会の日本人メンバーを「これ以上犠牲を出さないように努める」として、残留日本人を全員日本に帰還させると表明しました。

語学勉強なら…